終わった、勉強不足とか手の調子がとかじゃなく聞き取りが出来なかった

「全国統一要約筆記者認定試験」が終わりました。しかし音源の聞き取りがまったくできなかったため、残念ながら最悪の状態でした。

それでは、2023年2月18日に実施された「全国統一要約筆記者認定試験」の私の試験会場での体験と、その試験結果についてお話しします。
来年要約筆記試験を受験する予定の方の参考になれば嬉しいです。

要約筆記試験当日の流れ

13:00~13:10 説明
13:10~14:10 筆記試験
14:25~15:00 実技試験(手書き)
15:10~15:40 実技試験(パソコン)

実技試験で手書きとパソコンを同時に行わないのは、両方を受験する受験者が存在するためです。

要約筆記 筆記試験

60分間の筆記試験を受けました。会場には約15人ほどの受験者がいました。

前半

問題用紙と回答用紙が配布され、試験が開始しました。
開始早々通常はスムーズに進む選択問題が、難しくて分かりません。得意としていた記入問題も、答えが見つかりません。

ここで、今回は今までと問題の傾向が違うことに気がつきました。

試験中盤

試験の半ばで、時間を計るために持参したストップウォッチを押し忘れていたことに気付きました。

以前にも出題された5つの出来事を年号順に並べる問題がありました。これは一つでも間違えば不正解となる非常に厄介な問題でした。これが約5問出題されました。

広告

40分経過(残り20分)

「40分経過しました」と試験官がアナウンスしました。

通常ならこの時点で30分ですが、今回は時間がかかっていました。

そして、本番の要約筆記を想定した設問も難かしくて回答出来ないので飛ばします。

時間がなくなりつつあったので、とりあえず問題を最後まで解き、その後で設問を埋めようと考えました。

 
時間がなくなり、かなり焦っていました。

要約筆記試験終了

最後まで解けなかった問題は、終わりまで分からず、試験はあっという間に終了しました。

過去数年分の問題を解いてきましたが、今回の問題はこれまでとは異なる傾向で、非常に細かい部分が出題されました。

筆記試験が難しいとしても、60%以上の得点で合格となるため、諦めずに次の実技試験の準備を行いました。

60分間集中して問題に取り組んだため、私の脳はかなり疲れていました。

要約筆記 実技試験

試験前の音源テスト

最初に試験管が「音源の音の高さを調べます。これから流してみるので聞こえない人は挙手して下さい」と言いました。

音源は早口でかつ声が明瞭ではなくて何を言っているか分からなかったのです。しかし手をあげる人はいませんでした。

 
え?みんなは音源聞こえたの?不安になりました。

要約筆記 実技試験開始

IPtalkのアプリを使用して音源を聞いて内容を要約して入力します。

本番開始前に音源の簡単な資料が配布され、5分ほど内容を理解したり単語登録することが出来ます。

音源が開始されました!

しかし何を言っているのか理解できませんでした。

聞き取れないため、入力もできず、かすかな言葉を頼りに推測して適当に入力するという最悪の事態に陥りました。

音源の問題は2問ありますが、同じような状態でした。

要約筆記試験が終了して

試験が終わった後、「音が不明瞭で聞き取りにくかったが、音量を上げても変わらないと思い、手を挙げなかった」とほとんどの人が話していました。

「全国統一要約筆記者認定試験」が行われた日には、全国の都道府県で多くの人々が同時に同じ問題に挑戦したことになります。他の地域の受験者の皆さんはどうだったのでしょう?

音源の聞き取り能力は個人差があるため、特定の状況下でも聞き取れる人はいるかもしれません。

試験の結果は一ヶ月後に発表されますが、今回は自分の中で最悪の出来だったので、結果はほぼ予測できます。もし合格していたら、それは「運」しかないでしょう。

この日は冬晴れで空気が澄んでおり、とても気持ちの良い日でした。しかし、私の心は暗雲に覆われていました。

忘れよう。終わったことに安堵を感じよう。見逃していたドラマをゆっくり観て早めに寝ることにします。

2023年度の試験は、このように幕を閉じました。

関連記事

現在、私は副業として「要約筆記奉仕員」として活動してます。 事前準備や現場での対応が難しいですが、非常に充実した仕事です。また、スキルアップを目指し、「要約筆記者」の資格を取得するための勉強も行っています。 この資格を取得する[…]

要約筆記試験結果

桜の開花と同時に試験結果が発表されましたが、桜は散りました(涙)。
これで3回目の不合格です。

今まで同じ試験に3回連続で落ちた経験がなかったので、非常に落胆していますが、恥を忍んで私の試験結果を報告します。

◉筆記試験124点(120点以上で合格) 
 かなり難しかったのですが合格基準に達していました。

◉実技試験の1問目72点(70点以上で合格)
 合格基準に達していました。

◉実技試験の2問目50点(70点以上で合格)
 20点足りずに不合格です。
 音源がほとんど聞き取れていなかったので、それでも50点というのは以外でした。

総合的な結果

この試験では、全ての合格基準を満たしていなければ不合格となります。

今回の受験会場で合格した人もいるため、音源が不明瞭だったとしても、聞き取ることができた人はいました。

これは、タイピングの問題以前に、私の聞き取り能力に問題があるということになります。

聞き取り能力を改善する方法はあるでしょうか?

要約筆記 受験者数と合格率

予想通り、合格率は低かったようです。(年々難しくなっています)

 
来年度の試験まで時間があるため、試験を受けるかどうかはゆっくり考えたいと思います。