洋服は捨てずにリメイク!最後まで使い切るエコなリサイクル術

最近、「断捨離」という考え方が流行し、物への執着を捨て不要なものを減らして快適な生活を送ろうとする人が増えています。

私も不要なものを減らす考え方に賛成ですが、お気に入りの洋服だけは着れなくなったからといってすぐに捨てることはなかなかできません。

そのため、私はバッグなどにリメイクして再利用することにしています。

 
私がリメイクしたバックと、その作り方を簡単に紹介します。

リメイクして作成したバック

小さくなったTシャツをリメイク

息子の黒と白のTシャツを使用して、手提げバッグ(A3サイズ)を作りました。

このバッグは黒と白のリバーシブル仕様です。

同じデザインの色違いのTシャツを3枚持っていましたが全てバックにリメイクしました。

スカラーのトレーナーをリメイク

カジュアルブランド「Scolar(スカラー)」のトレーナーの襟がほつれてきたため、着ることができなくなりました。

このブランドの特徴的な宇宙柄やスカラーマークの顔を利用して、バッグを作りました。

このバッグは医療機関を受診する際に専用で、薬手帳や診察券を収納しています。気に入っています。

カットソー1

サイズが小さくなり着用できなくなったため、お気に入りだった襟の部分を生かすために、袖も含めてバッグに取り付けました。

面白いデザインになったので、これが一番気に入っています。

広告

カットソー2

これも着れなくなったのでバックにしました。買い物のエコバックとして使います。このバッグの作成手順についてこの後説明します。

シースルーの水色のブラウスをリメイク

夏に着用していたシースルーのブラウスを再利用しました。年齢的な理由で着ることにためらいが出てきたため、着用しなくなりました。

このブラウスを使用してフェミニンなバッグにしあがりました。

これに似合うのはどんな洋服かしら?考えるのも楽しくなります。

バックの作り方

「カットソー2」を使用してバッグを作成しました。

作成手順は以下の通りです。半日ほどで簡単に作ることができます。

材料費もほとんどかからず、手軽に作成できます。(材料:服、裏布、接着芯(百均)、ひも(百均))

1.表布と裏布を好みのサイズに裁断します(赤枠の部分)。

  服が表布となります。袖、襟の部分も使用します。

2.裏布に縫い代を残して「接着芯」をアイロンで貼り付けて補強します。

3.表布に袖と襟を縫い付けます。

4.表布と裏布を半分に折ってそれぞれ中表にして両端を縫います。

5.表布に紐を縫い付けます。

6.表布と裏布を中表にして、裏布を表布の中にいれます。

7.返し口を残して1週縫い合わせます。

8.返し口から表に返します。(この瞬間が一番楽しい!)

9.返し口を整えて、口部分を1週縫います。

10.完成です!(襟のまんなかにボタンをつけました)

シースルーのブラウス以外、すべて同じ手順で作成してます。

 
簡単でしょ? 楽しいので、是非皆さんも作って見てください。

リメイクする方法を思いついてから、バッグ作りが楽しくてワクワクします。
着れなくなった洋服を見るたびに、どの部分を使って面白いバッグにしようかと日々考えています。

断捨離について

「断捨離」とは作家のやましたひでこさんが提唱したもので商標登録してます。

断捨離Ⓡとは、物への執着を捨てて不要な物を減らし、快適な生活や人生を送ろうとする考え方のことです。
作家のやましたひでこさんが提唱する断捨離は、ヨガの「断行・捨行・離行」から生まれた言葉で、それぞれ以下のような意味があります。
断:新しく入ってくる不要な物を断つ
捨:家にある不要な物を捨てる
離:物への執着から離れる
断捨離は、ただ物を捨てることを目的に行うものではありません。
捨てることは手段に過ぎず、「居心地よく暮らす」ことが断捨離の本当の目的です。物に左右されることなく、「自分が快適か・不快か」を考えながら実践していきましょう。

やましたさんが、雑誌「ハルメク365」に投稿した記事です。

「物に左右されることなく「自分が快適か・不快か」を考えながら実践」というところは共感出来ます。

最後に

「断捨離」の考え方は賛成です。

私は不要な洋服など(特に執着のないもの)はすぐに捨てる場合もあります。

お気に入りだった洋服類は、着れなくなったらもう一度だけバッグなどにリメイクして使いたいと考えています。そして、その後は裁断してふきんや雑巾にして使い、最後に捨てます。

女優の「樹木希林さん」が残した言葉を綴った本「一切なりゆき」で、樹木希林さんは次のような言葉を残していました。

洋服は、自分でかったものはほとんどなくて、どなたからお古を譲っていただいて、それを着やすいように自分で胸ポケットをつけてみたり、ちょっとリメイクして着ています。

一度使い始めたら、それをできるかぎり活かして、最後まで使い切って終了させたいんです。「始末」ですね。

樹木希林「一切なりゆき」より

樹木希林さんは、モノを持たない、買わない生活をしているようなので、不要なものに囲まれていないにも関わらず、更に物を使い切ってから終了させるというのは、樹木希林さんの人への接し方や、ご自身の生き方にも共通する部分があると感じます。

私は不要なものは思い切って処分し、物は増やさないようにしています。
そして残されたお気に入りの物を大切にしながら、時にはリメイクして最後の最後まで使ってあげたいと思っています。

 
大げさですが「服の大往生」といったところでしょうか。