試験対策法公開!筆記試験で効果的な勉強法とコツを伝授

私の勉強法では、購入したテキスト1冊を可能な限り完璧に覚えるやり方です。

私はこれまでさまざまな資格取得のための勉強をしてきました。

年齢とともに記憶力はおちてきますが、私はこの勉強法を初めてから筆記試験はほぼ一回で合格してます。

その方法は「EXCELを使用して問題シートを作成する」です。

過去問はネットでも公開されているのでテキストをあえて購入しません。

今回は「ITパスポート試験」の勉強に使用したEXCELを紹介します。

EXCELで問題の答えシートを作成

購入したテキストをもとに、最初にEXCELで図のような問題の答えのシートを作成します。「テキスト1章答え」シートとしてます。

答えとなる部分を罫線で囲みます。

セルを結合すると列で削除できなくなるので注意が必要ですが、私はマクロを使用してクリアしてるので結合してます。

 
最初は結合しないでください。

問題シート作成

次に「テキスト1章 答え」シートをコピーして、「テキスト1章」シートを作成します。

シートコピー方法

「テキスト1章 答え」のシート名の上でマウスの右クリックし、「移動またはコピー」を選択すると次の画面がでてきます。

挿入先のなかから、「テキスト1章 答え」を選んで、コピーを作成するにチェックをいれて、Okをクリックすると同じシートがコピーされます。

シート名を「テキスト1章」と変更してください。

問題シート「テキスト1章」の作成詳細

1.「テキスト1章」シートに、○、×をいれる計算式を作成します。

 ・セルC5に次の計算式を入力してください。

   =IF(B6<>””,IF(B6=’テキスト1章 答え’!B6,”○”,”✕”),””)

   これは、答えと一致していた時は○を、違う時は×を表示する式です。

※注意 ここで使用する×と、セルN2で入力した×は同じものにしないと、合計したときにカウントされません。

 ・同じように、セルC5をコピーして、セルC7、セルC11、ほかすべての問題の上にペーストします。

2.各セルに図のように入力してください。

 セルG2:問中正解、セルK2:点、セルM2:○、セルN2:×

3.次に、○の数、×の数をカウントする計算式を挿入します。

 セルM3,セルN3に次の計算式を入力します。問題が1000行を超える時は、値を増やします。

   セルM3:=COUNTIF($C$4:$C$1000,M2)

   セルN3:=COUNTIF($C$4:$C$1000,N2)

 
○の数が表示されましたか?

4.3で表示された○の数が問題数となるので、セルF2に同じ数字を入力します。

5.問題の枠のセルをクリア

 問題を入力しているセルが結合されていなければ、B列を選択して、削除をクリックするだけで枠のセルはすべてクリアされていると思います。

 ○の数も、0になったと思います。

6.A列の問題の最終行に「以上」と入力しておいてください。(マクロで使用します)

ここまでで終了して、手で答えをクリアしても大丈夫です!

次にマクロを使用してクリアする方法を説明します。

 
マクロ作成方法を覚えておくと、いろいろと応用がきくので便利ですよ!
広告

クリア(マクロ)作成

 ⑤空白のエリア(Subから、Ene Subの間)に次のマクロをコピーしていれてください。

マクロボタンの作成

 上の図のピンクのボタンになります。

※ここが分かりにくいかもしれません。四角い図形(ボタン)にマクロを登録します。

マクロの実行

問題の解答を入力したら「クリア」ボタンをクリックしてみてください。クリアされましたか?

クリアのマクロは1回作成すると他のシートでも使えます。

この手順で、テキストの前章分のシートを作成します。

購入したテキスト

私が購入したテキストは「この1冊で合格!丸山紀代のITパスポートテキスト」の令和5年度版です。

この本を選んだ理由は「この1冊で合格」という部分です。

過去問を多くこなすよりも、テキスト1冊を完璧に覚えるほうが合格率があがる気がします。

 
分かりましたか?1度作成すればノートに答えを書いて勉強するより時間短縮されますよ!