【コスパ最強!】透け感が絶妙で伝線しにくい「満足」のタイツがオススメ

私が20年以上愛用しているタイツは、Fukusuke(福助)の「満足 30デニール」です。

このタイツは、ちょうどいい透け感があり、薄すぎず厚すぎないため、夏の冷房が効いた職場でも快適です。寒くなってきた秋でも暖かく、伝線しにくいのでコスパが最高です!

私はこのタイツを春から秋まで毎日職場で履いています。Fukusukeの「満足 30デニール」は本当におすすめです。

ちょうどいい透け感

普通のストッキングは素足に近い透け感があり、職場の制服がスカートなので、私の年代には少し抵抗があります。

その点、Fukusuke(福助)の「満足 30デニール」はちょうどいい透け感で、毛穴や傷、毛深さもほんのり隠してくれます。

お恥ずかしいのですが、透け感度合いを伝えるために、私の足の写真を載せています。

夏でも厚すぎない

Fukusuke(福助)の「満足 30デニール」は、外を歩いていても暑くなく、夏場の冷房が効いた職場でもちょうどいいです。

真冬には80デニールから120デニールの厚手のタイツを履きますが、それ以外の春から秋まで、ほぼ毎日このタイツを履いています。伸縮性も良く、履きやすいのが特徴です。

もうこれ以外のタイツやストッキングは履く気がしません。それほど気に入っています。

前回購入した時は、1足ずつ包装されてました。(3足1,760円(送料無料))

伝線しにくい

ストッキングに比べて少し高めですが、福助の「満足 30デニール」はほとんど伝線しないのでコスパが抜群です。あちこちに引っ掛けても伝線することがなく、5足あればワンシーズン十分に使えます。

さらに、1〜2足買い替えるだけで次のシーズンも使えるため、ストッキングを何足も買い替えるよりもお得です。

はき心地がいい

福助の「満足 30デニール」は、スルッと履けて脱ぐのも楽で、腰回りもきつくなく快適です。このタイツは1990年にデビューし、2022年には「DAILY満足」としてリニューアルされました。

 
リニューアルされて、安くなりました!

3足1パック 1,380円(送料無料)

「DAILY満足」は、ストッキング(18デニール)からタイツ(30デニール)まで7種類がラインナップされています。

以前に比べて安くなっていたので値上げ前に3足組の1パックを購入しました。

以前は1足ずつ個別包装されていましたが、今は3足で1パックになり、企業努力が感じられます。

広告

伝統ある「fukusuke(福助)」の商品

足袋からスタートした伝統ある「福助株式会社」なので安心の品質です。

創業者の辻本福松が、1882年に大阪府堺区(現・堺市堺区)大町東にて足袋の製造販売をおこなう「丸福」を創業させる。しかし丸に福を入れただけの商標は、すでに他の業者が商標として登録していたこともあり、伊勢詣での際に福助人形を見つけたことから、これをもとに挿絵化、1900年に「福助印堺足袋」として商標登録をおこなう。またその間の1895年には足袋用のミシンを開発し、足袋の大量生産化を成功させる。

ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典

福助と言えば?

「福助」と言えば、福助人形を思い出す方も多いと思いますが、このような由来があるようです。

創業者の辻本福松が、1882年に大阪府堺区(現・堺市堺区)大町東にて足袋の製造販売をおこなう「丸福」を創業させる。しかし丸に福を入れただけの商標は、すでに他の業者が商標として登録していたこともあり、伊勢詣での際に福助人形を見つけたことから、これをもとに挿絵化、1900年に「福助印堺足袋」として商標登録をおこなう。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
企業のロゴマークに「福助人形」が使用されていますね

まとめ

  • ちょうどいい透け感:毛穴や傷、毛深さをうっすら隠してくれる。
  • オールシーズン対応:春から秋まで毎日快適に履ける。
  • 高いコストパフォーマンス:伝線しにくく、長持ちするためお得。
  • 快適な履き心地:伸縮性がよく、腰回りもきつくない。
  • リニューアルと値下げ:2022年に「DAILY満足」としてリニューアル、価格もリーズナブルに。

福助の「満足 30デニール」は、私にとって最高のタイツです。是非試してみてください!